オオカミの描き方

マスターした場合 犬の描き方 、オオカミも簡単に描くことができると思って許されるでしょう。 Fidoの無難なバージョンをスケッチできることは、オオカミの描き方に近づくときにあなたをしっかりと支えますが、これらの犬種の間にはあなたが思っているよりも多くの違いがあります。これらはすべて、描画の精度に大きな違いをもたらします。

このビデオチュートリアルでは、立っている動物の側面図に焦点を当てて、オオカミを描く方法を段階的に説明します。レッスンは、オオカミの全体的な形を下絵としてスケッチすることから始まります。これにより、体のすべての部分がどこに行くのかを理解できます。次に、オオカミの質量と構造を遠近法で彫り、図面を固めます。その時点で、毛皮、顔の特徴など、本当の楽しみが始まります。

上記のビデオチュートリアルに従うか、下にスクロールしてステップバイステップガイドを作成してください。基本を理解したら、ボーナスステップを試してみてください。冬のコートでオオカミを描く方法です。そして、あなたが終わったとき、私たちは他の素晴らしい選択を持っています 描き方 立ち往生するチュートリアル。



注:このチュートリアルでは、本物のオオカミの写真参照をそばに置いておくことを強くお勧めします。

オオカミの描き方:ステップバイステップガイド

01.頭の基本的な形をスケッチします

オオカミの形のラフスケッチ

頭は、銃口と耳が取り付けられた単純な楕円形で始まります

頭を左に約45度傾けた楕円形として描くことから始めます。ほぼ楕円形の長さで、同じ方向に下向きの銃口を接続します。銃口の底は、そのすぐ下の楕円形の半分まで平らになります。頭の耳の付け根として線を引き、その上に前傾して後ろに湾曲した三角形を形成することにより、耳の形をブロックします。

02.首と体の長さを見つける

オオカミのスケッチの概要

長さと幅を見つけるのに役立つ既存の形状を使用して測定

楕円形の頭の長さを横に2回測定して、首の付け根を見つけます。オオカミの頭は体に対して犬の頭よりも低く立っているので、首を低く傾けてください。背中の長さは楕円形と首の長さの3倍です。首から、背中を示すために横に直線を接続します。

03.首と体の形を完成させます

オオカミのスケッチの概要

首と体は大きなチューブのような形をしています

首は太くて毛皮でいっぱいになるので、体の付け根まで下がるにつれて太くなる首の形を描きます。首を外したところから、お腹の直線で体を完成させ、背中まで完全に閉じます。

04.体を3つの部分に分けます

オオカミのスケッチの概要

体を切断すると、手足がどこに行くかを示すのに役立ちます

本体は3つの部分に分かれています。肩、お腹、後ろ足。肩の部分を分ける線が真っ直ぐ下になり、細い形を切り取っています。後ろ足のラインは前のスラッシュのようなもので、長いお腹からセクションを分離します。

05.脚と尻尾の基本的な形をスケッチします

オオカミのスケッチの概要

手足を追加すると、オオカミの基本的な形が完成します

オオカミの身長は体の身長の約2倍に、さらに6分の1を加えたものです。湾曲した前部とまっすぐな後部で前脚を描きます。後ろ足の場合は、前に長い「S」字型を描き、後ろで先細りになって途中で止まります。

そこから、かかとを示すために直線を下にドロップします。三角形のつま先は長くて大きく見えるはずです。他の前脚の後ろに隠れている残りの脚を描き、少しずらして、より面白くて立体的に見えるようにします。尻尾の形は太くて長く、かかとまで落ちています。

wacom intuosproペンホルダーの開き方

06.頭の質量構造を彫ります

オオカミのスケッチの概要

最初のスケッチの上に描画して、頭と特徴をブロックします

頭のてっぺんと銃口を平らに描き、基本図に従って鼻とあごの形にブロックします。あごは首やたてがみに達すると微妙な曲線を描きます。耳はほぼ円錐形で、中央に正面を示す線があります。頬が耳から頭を下って顎までつながっていることを示します。楕円形の正面に近い銃口の真上に描かれた、薄い斜めのひし形として目を追加します。

07.ボディのフロントセクションを構成する

オオカミのスケッチの概要

前脚の形状をより多くのセクションに分割します

アンダードローに従って首を構成し、肩の部分の上に小さなこぶを追加します。ひじまで下がる線を引き、下にカールを付けます。カールをミラーリングし、肩を引き、脚が始まるところから切り離します。脚は手首に向かって先細りになり、前方に突き出たチューブ状の手に接続します。次に、パックの形のように形成された足を取り付けます。腕の後ろ、肩の真下にある胸を引き出します。後ろ足についても同じことを繰り返します。

08.体の中央部分を形成します

オオカミのスケッチの概要

体を後ろ足につなぐ

体の中足と後足の部分が出会う場所は、腰が位置する場所です。肩に沿って後ろに走る線を引き、腰を通過するときに尻尾まで下がっていきます。胸からお腹を引きます–後ろ足に達すると押し上げます。

09.体の後ろの部分を形作る

オオカミの基本的な鉛筆スケッチ

後肢を追加して2番目の描画を終了します

腰から、お腹が出会うところにある膝まで線を引きます。後ろ足の上部は膝の後ろに向かって湾曲しており、かかとに向かって先細になっています。かかとは手首よりも高く配置する必要があります。後足は前足と同じですが、サイズが小さいだけです。尻尾を描きます。

10.頭の詳細を描きます

オオカミのスケッチ

顔のシャープな特徴を取得すると、描画をよりリアルにすることができます

銃口の上部には、鼻に達する直前に小さな隆起があります。鼻は大きいですが、とがっていないことを確認してください。口が銃口を横切って走るとき、それは少しそしてまっすぐに横切って目に戻ります。オオカミの唇はあまり垂れ下がらないので、あごを薄く描きます。眼球はパイの4分の1のような形をしており、すぐ後ろに黒いひし形が入っています。顔に線を追加して構造を追加し、オオカミのようにします。

11.耳とたてがみを描きます

オオカミのスケッチ

ブラックフライデーiphone8plusのお得な情報
耳のディテールと首の周りのたくさんの毛皮を追加します

耳を大きく描き、上部を丸くします。耳は内側が非常に毛皮で覆われていて、後ろが短いです。アンダードローに沿ってたくさんのファーを追加し、さまざまな方向に進むファーにいくつかのバリエーションを追加して、たてがみと首をいっぱいに見せます。毛皮に乗りすぎないように注意してください。そうしないと、混乱して構造が壊れてしまいます。首の平面が向きを変えているエッジに沿って毛皮を配置するのが最善です。

12.肩の周りに毛皮とディテールを描きます

毛むくじゃらのたてがみを持つオオカミのスケッチ

長い脚と大きな足はオオカミの絵で重要です

肩部分の上部では、毛皮が上部、肩、肘の隆起を覆っています。脚の前側には微妙なカーブがあり、後ろ側には小さな毛皮がたくさんあります。手首の関節には、後ろに突き出た小さなパッドがあります。足の指は、まるで大きな長い三角形のような形をしています。前足の内側には5番目のつま先があり、中央には2つの長いつま先があります。

13.中央セクションの周りにファーとディテールを描きます

オオカミの鉛筆画

微妙な曲線や線を追加すると、オオカミはより構造化されたように見えます

背中は腰まで下がり、すぐ上に戻り、再び尻尾に戻ります。胃の部分の毛皮は、中央の部分に達すると反対方向に進みます。いくつかの細い線を引いて、背中に見える筋肉を定義します。

14.後ろのセクションの周りに毛皮とディテールを描きます

オオカミの鉛筆画

脚の上部は下部よりもはるかに毛皮です

脚の上部には下部よりも毛皮が多いので、上部に毛皮のディテールを描き、下部に滑らかな線を描きます。前足と同じように、後足も同様の方法で描きますが、足の指が4つしかないほど小さくなります。毛皮のような尻尾を描いて体を仕上げます。

オオカミの鉛筆画

オオカミの最終図

15.ボーナス:ウィンターコートを追加します

冬のたてがみを持つオオカミの鉛筆画

冬に毛皮が厚くなる部分

冬のコートを描くときは、オオカミの最終的な絵の上を越えて、体の大部分の周りに毛皮を追加することができます。厚い毛皮のコートを追加するときは、オオカミがより豊かに見えるようにさまざまな線や形を描きます。さまざまなサイズのチャンク、長さ、さまざまな線や形で毛皮を描きます。

完全な冬のコートを持つオオカミの鉛筆画

完全な冬のコートを着たオオカミ

続きを読む: